"Really"がうまく言えない

セルフラーニング英会話

実際の生活上で使えるフレーズや発音、個人練習の方法やコツなどを紹介

"So, don't take the following personally." と前置きをしておけば....

前回のエントリーでも紹介しました、映画「最後の恋のはじめ方」から、もうひとつシーンをとってきたので紹介します。このシーンはたまたまYouTubeにもあったので、これを何度も観て練習に使ってもらえますね。(下に動画を埋め込んでおきます) 以下が今回…

日本人が戸惑いがちな冠詞・前置詞

今回は、日本人の多くが頭を悩ませる「冠詞」「前置詞」について見ていこうと思います。 ただ、詳細は関連書籍やウェブ上で調べていただくのが良いと思いますし、このエントリーの目的としては、「細かいことは気にしない!(特に喋るときは)」というスピリ…

"We never had any models for a way out." という環境で育つということ

ロールモデルの不在 これは、ある記事を読んでいたときに目に止まった一文です。今は社会的に成功している人が、十数年ぶりに子供時代を過ごした街を訪れますが、その荒廃ぶりはスラムのよう。そして偶然そこで旧友に出会います。彼は最近麻薬の違法売買で3…

She? それとも Sea? /日本人が苦手な発音 #2

速攻で自己チェックしましょう タイトルを読んで「え?どういう意味?」と思った方もいるでしょう。「彼女(She)」と「海(Sea)」どちらも日本語では「シー」と発音しますよね。 ただ、英語ではこれらは決定的に違います。まず、正しい音を聴き比べてみま…

動画サービスを使い倒す英会話練習方法

動画サービスを教材にしない手はない 以前のエントリーでもちょっと触れましたが、ひと昔前までと違って、今はわざわざVHSやDVDで映画やドラマをレンタルビデオ屋から借りてこなくても、下の動画サービスに1つでいいから加入しておくと、ほぼ無限と言える量…

"I was wondering..." は絶対おさえましょう

今回も映画「最後の恋のはじめ方」からシーンを抜粋して見ていこうと思いますが、アルバートという取締役の1人が、取締役会で意中のアレグラ(社長令嬢)をかばって暴言を吐いて突然退出してしまいます。 それを追ってきたアレグラが、アルバートの部屋にド…

間違うことが「恐い」「恥ずかしい」という壁

まず言うより考えてしまう 以前のエントリー「発音って大事?」の中でもふれましたが、結局日本人は学校教育の英語のせいで、過度に間違うことに敏感になっているんですね。例えば、昨日やったことを誰かに伝える際に、過去形・過去進行形・過去分詞形のどれ…

コミュニケーションの基本 "60% is non-verbal."

会話の60%は non-verbal(非言語) 今回は、個人的に英語教材としても純粋に映画としても大好きな「最後の恋のはじめ方」の冒頭のシーンで使われるセリフを使ってポイントを見ていきましょう。 "60% of all human communication is non-verbal. Body languag…

hoo と foo は結構違います/日本人が苦手な発音 #1

カタカナだと同じ「フー」なのに 日本人は「L」と「R」の違いや、「TH」などには「どうすれば発音できるの!?」と前のめりですが、その陰で意外と盲点になっている重要発音はそれなりにありまして、今回の「F」と「H」の違いがそのひとつです。 カタカナ英…

英語の発音って大事?

結局、発音って大事? シンプルは答えとしては「Yes」だと個人的には思っています。ただ、「完璧(かそれに近い)である必要がありますか?」という問いには、完全に「No」です。 日本人はどうしても真面目なので、正統な発音はアメリカじゃなくてイギリスな…