"Really"がうまく言えない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話はセルフラーニングでこそ上手くなる

実際の英会話で使えるフレーズや発音、個人練習方法などを紹介

「そう簡単に許さないわよ」って英語で言われたら?謝っても許してもらえない?

f:id:yuichironagai:20170429221109j:plain

これはリアルライフではなかなか言われたくないセリフですが(笑)、ドラマや映画など、恋愛が絡むものにはよく出てくるセリフですよね。

例えばこんな表現があります。

"I'm not gonna (going to) let you off the hook until he tells me the truth." 
(彼が私に本当のことを言うまでは簡単に許したりなんかしないわよ)

ここでのポイントは "off the hook" なわけですが、「窮地を脱する、困難を免れる、責任を逃れる」というような意味なわけですが、この "hook" は日本語でよく言う、ものを引っ掛けたりするための「フック」のことですね。コートや帽子などの衣類が壁についたフックに吊るされている状況を想像してください。誰かが持ち上げてくれない限り、服はこのフックから逃れられないですよね(または、服を着たまま首の後ろ側がフックに引っかかった状態で、人が足をバタバタしている状態をイメージしてもらうのがいいかもしれないですね)。

ふと思い出してハッとしましたが、「フック船長」もこのフックってことですね(笑)まあ、彼のフックは言うまでもなく手についたフックのことですが。

つまり、"off the hook"というのは、「フックからはずれる」ということで、ピンチを抜け出すみたいな意味で使われているわけですが、上記の例文は「フックは簡単にはずさないわよ」と言ってるわけですね。

ちなみに、この "hook" の発音は結構日本人には難しいので、ぜひリンク先のweblio で何度も聴きながら練習してみてください。"H"と"F"の発音の違いに関しては、以前のエントリーでもご紹介したので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

sayreally.hatenablog.com

 

ところで、上述のセリフの次にこんなセリフが続いてたらもっと怖いですね。

"Apologizing to me isn't gonna (going to) change what happened." 
(私に謝ったって(今回起こったことは)何も変わらないわ)

うーん、ではどうすればいいのでしょうか(笑)やはりそれでもまずは真摯に謝り続けるしかないのかもしれませんね.....