"Really"がうまく言えない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話はセルフラーニングでこそ上手くなる

実際の英会話で使えるフレーズや発音、個人練習方法などを紹介

恋愛感情を表す "feel" の使い方と例文

f:id:yuichironagai:20170225235559j:plain

今日は感情を表す際に頻出の "feel" を使った恋愛表現をみていきましょう。

早速ですが、例文をいくつか紹介します。

"I actually had feelings for you."
「実は以前君のことが好きだったんだ」

"Do you have any feelings for him."
「君は彼のこと好きなの?」

"Wouldn’t you keep hoping that in time I would feel the same way about you as you feel about me?”
「時間が経てばあなたが私のことを思うのと同じような形で私があなたのことを思うようになると期待し続けてしまうのじゃないかしら?」 

"In all honesty, I have mixed feelings for you." 
「本音を言えば、あなたに対してはちょっと複雑な思いを抱いてるんだ」

"I realized that my feelings for you were getting rather difficult to handle."
「君への思いがだんだんコントロールするのが難しくなっていることに気づいたんだ」

どうでしょうか。なかなか切ない台詞もありますが、こういう形で "feel" はいろんな感情業現に使います。特に、日本語でいう「彼はあの子に気があるらしい」みたいなニュアンスの際に、「気がある」ということを「have feelings for 人」という形で表現したりするのが面白いですよね。 

特に、「どうして複数形?感情って見えないし、数えられないものでは?」と思う人も多いと思うのですが、こう考えてはどうでしょうか。

感情にもいろいろあると思います。好きだという感情の中にもいろんな感情が混ざっていたり、好きだからこそ不安になったり、イライラしたり。むしろある単一の感情だけしか持っていないという状態の方がレアなのが人間だと思いますが、誰かのことを思っているということは、その人のことをいろいろ考えているわけですから、当然いろんな感情がわいてくるわけです。

そう考えてみると、"feelngs" と複数形にすることにも違和感はなくなるのではないでしょうか。ぜひみなさんも恋愛トークの中で使ってみてくださいね!