"Really"がうまく言えない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話はセルフラーニングでこそ上手くなる

実際の英会話で使えるフレーズや発音、個人練習方法などを紹介

"Thank you for the compliment of coming over." って女性が言ったら?

f:id:yuichironagai:20170201163842j:plain

さて、前回のエントリーでは、映画「最後の恋のはじめ方」の中のバーのシーンを使ってフレーズなどを見ていきましたが、今回はそのシーンの続きを少し見ていきましょう。前回登場した Chip と Sara の会話に、主役の Hitch(ウィル・スミス)が割り込んでくるシーンです。

実際の映画のシーンはこちらのYouTubeを参考にしてください(いつまでここに残っているかはYouTube次第ですが)。


Hitch - a part of movie 2

今回取り上げる会話のスクリプトが下記です。   

Sara: ...but thank you for the compliment of coming over.
こうして声をかけていただいたのに恐縮です。どうもありがとう。

Chip: You are welcome. So, do you like Cuban food?
どういたしまして。で、キューバ料理って好き?

Sara: Chip, seriously, that wasn't the code for "I wish you'd try harder."
......チップ、あのね、今のは「もうちょっと押して」って合図で言ったんじゃないの。

Chip: Are you always so shut down, and afraid, that the right man might make you feel like a natural woman?
君はいつもそんな自分の殻に閉じこもってるの?この人となら自分らしくいれると思わせてくれるような「運命の人」に出会うのを恐れてるの?

Hitch: Sorry I'm late, honey. I couldn't get a cab. So how was the meeting?
ごめんねハニー、タクシーがつかまらなかったんだ。それで、ミーティングはどうだった?

Sara: Oh, well, there was a beginning, a middle, and an end. Nice to meet you, Chip.
そうそう、ミーティングはね、始まりがあって、途中があって、終わりがあったわ。話せてよかったわチップ、じゃあね。

というわけですが、なかなか面白いシーンですよね。

1) Thank you for the compliment of coming over.
compliment というのは「褒め言葉、賛辞・称賛」という意味です。つまり「わざわざ coming over してくれたという称賛」に対して「ありがとう」とお礼を述べているわけえすね。実際、サラはこれを会話の終わりにしようとしました。

2) You are welcome. So, do....
が、チップは引きません(笑)ここで「キューバ料理好き?」とか放り込んでくるあたりかなりおもしろいですよね(笑)ちなみに、以前のエントリーで紹介しましたが、この "food" の発音はマストでおさえてくださいね。

sayreally.hatenablog.com

3) Chip, seriously...
「いや、ホントに....」とサラもすでに引いてます。この "Seriously" という言い方はかなり頻出なので、ぜひWeblioなども駆使して体得していただきたい発音です。Seriously に関しては以前のエントリーでも少し解説しました。

sayreally.hatenablog.com

4) Are you always so shut down, and afraid...?
これはチップがどこかからかコピーしたお決まりの台詞なんでしょうね。なので、最後の部分をヒッチ(ウィル・スミス)が予測して同時に口にできたわけです。ここではぜひ、「make 人 feel 形容詞」と「make 人 feel like 名詞」の2つのパターンを覚えておきましょう。
【例】
形容詞:"Talking to you always makes me feel good about myself."
名詞:"He makes me feel like a stupid person."  

5) Well, there was a beginning...
この切り返しはおもしろいですよね(笑)当然ですが、どんなミーティングでも「最初と途中と終わり」があります(笑)つまり、これはミーティングの話はどうでもよいというか、実質「ほら、おれが来たんだからしょうもないナンパ野郎は退散する時間だぜ?」と言われてるシーンですね。

 

今回のシーンでもサラの感情表現は良いですね、ちょっとびっくりイラっとした様子で真似をしながら繰り返し練習したいですね。ぜひ200回くらいやってみてください!