"Really"がうまく言えない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話はセルフラーニングでこそ上手くなる

実際の英会話で使えるフレーズや発音、個人練習方法などを紹介

"I was wondering..." は絶対おさえましょう

フレーズ・単語

f:id:yuichironagai:20170121235705j:plain

今回も映画「最後の恋のはじめ方」からシーンを抜粋して見ていこうと思いますが、アルバートという取締役の1人が、取締役会で意中のアレグラ(社長令嬢)をかばって暴言を吐いて突然退出してしまいます。

それを追ってきたアレグラが、アルバートの部屋にドアでこう言います。

"People don't usually talk to me like that...let me rephrase that, people never talked to me like that. I guess that's kinda scary for them, but that's why I really appreciate what you did in there. But I was wondering...do you think you and I could get together sometime this week? ...You know, to go over things? financial things?"

「ふうつ誰も私に対してあんな風にモノを言ったりしないの。いえ、正確に言うと、過去に一度もあんなふうなこと言われたことなかったわ..... きっと怖いんだと思うの。でもね、だからこそあなたがミーティングで言ってくれたことに感謝してるの。ところで、ちょっと思ったんだけど、今週どこかで二人で会うことできるかしら?ほら、いろいろ話すこともあるし、会社のファイナンスまわりのこととかね?」

てっきり怒られると思っていたアルバートは、まさかこんなことが起こるとはと信じられない様子で喜ぶわけですが、最後の方は一応仕事の体にしつつも実質デートに誘われているわけですね。

 ぜひ映画も観ていただければと思いますが、とても良いシーンです。アレグラのセリフの真似をすることで相当練習できると思いますが、ここで使えるフレーズや単語をひとつひとつ見ていきましょう。

 

① like that  

これは見たままですが、その前に起こったこと・言及されたことなどを指して「あんな感じで」「そんな感じで」という意味です。".....things (stuff) like that"(まあそんな感じ)という口語のフレーズもよく使われます。

 

② Let me rephrase

「ちょっと言い直させて」ってことですね。今適切な言葉で伝えられてなかったかも、と思った時などにこう前置きして言い直せばいいわけです。便利ですよね。

 

③ kinda

これは、「カインダ」 と発音しますが、kind of のことで、それが縮まった場合の口語です。意味は「ちょっと、少し」で、sort of も同義です。sort of も縮まって sorta(ソータ)と使われることもよくあります。これはかなり頻出なので、絶対覚えておきましょう。

 

④ I really appreciate what you did in there...

感謝するということですが、thank you ばかりではなく appreciate を使った表現ができるようになるとお礼の仕方に幅ができてくるのでぜひ使いましょう。...what you did in there というのは、取締役会の中でアレグラを擁護したことを指しています。

 

⑤ I was wodering....

これも超頻出の言い回しです。英語圏で仕事していれば耳にしない日はないであろうくらいのフレーズですが、「(ちょっと)思ったんだけど...」みたいなニュアンスで、それ自体にそれほど意味があるわけではなく、 何か相手の意向を訊く際に出だしでよく使います。これをちゃんと使ってると、それなりに英語できる人感は出ますね(笑)

 

⑥ Do you think you and I could get together sometime this week?

これはこのままコピーして使ってもいいくらいです。ちょっと婉曲でオフィス的な言い方ではありますが、カジュアルすぎず使い道は結構あると思います。アレグラも、あまりあからさまにデートに誘ってるっぽく響いて欲しくなかったので、あえてこう言ってます。"Do you think you and I could ...."というあたりにそういうニュアンスになります。

あとは、get together っていう言い方も覚えておきましょう。付き合うとかではなく、単に meet する、会って何かするって意味です。その後、アレグラは続けて "to go over things...financial things?" って言ってますよね。まあこれは後付けであって、本当にファイナンスの相談をしたいわけではありません。

 

こんな感じですが、なかなかポイントの多いシーンです。ほぼアレグラの独白なんですが、ぜひアレグラになりきって、彼女が話しているトーンとスピードで、ぜひ真似てみてください。彼女はわりとこのシーンでもゆっくりめに喋っているので合わせやすいと思いますよ。最低50回、まずはやってみましょう!