"Really"がうまく言えない

セルフラーニング英会話

実際の生活上で使えるフレーズや発音、個人練習の方法やコツなどを紹介

英語では「付き合って」とは言わない?文化の違いと「付き合う」の言い方

f:id:yuichironagai:20170527214655j:plain

 

さて、今回はちょっと恋愛がらみの話をする際によく使われる「付き合う」というイディオムをご紹介したいと思います。

本題に入るまでに、以前のエントリーで「イチャイチャする」というのを英語でどう表現するかというエントリーを書きました。こちらもぜひ併せてチェックしていただければと思うのですが、

sayreally.hatenablog.com

なんと、むしろその前に「別れる」というフレーズに関するエントリーを書いていたことに気づきました!「付き合う」前にすでに「別れる」の話をしていたんですね(笑)

sayreally.hatenablog.com

ぜひ「別れる」もセットで覚えていただければと思いますが、今日は「付き合う」をみていきましょう。

そもそも「付き合おう」って言う文化?

これは意外と盲点というか、留学した日本人が現地で初めて知ってかるいカルチャーショックを受けることの1つだったりするのですが、私自身の見解として誤解を恐れずに言えば、少なくともアメリカでは日本のように「付き合ってください」と決まり文句を使ってお願いするような習慣はありません。

「えっ!?じゃあ、どうやって付き合い始めるわけ?お互いの合意はないの!?」

と思う人も多いはず(笑)

そうなんです、日本で生まれ育つと意外に思えるわけですが、彼らは例えば「何年何月何日に付き合い始めた」という明確なスタート日を言葉で確認して決めることはしないわけです。

じゃあどうやって「付き合っている」と判別するのかというと、二人がお互いに「自分以外に定期的にデートしているような人(付き合っているっぽい人)はいないみたいだな」と感じ、事実上週末も含めてカップルがするようなことを二人でしている、という「状態」になることで、「私たちはオフィシャルに付き合ってる」という確認をしています。

実はこのカルチャーギャップのために、アメリカ人と現地で初めて恋愛する日本人女性たちは最初結構戸惑います(笑)

「なんで彼は付き合おうって言ってくれないんだろう、、、」
「実は単に遊ばれてるのかも、、、」
「英語でなんて訊いて確かめていいんだろう、、、」

と悩んでしまうわけですね。

それもそのはず、日本ではかなり昔から「付き合おう」という決まり文句を経てそういう関係になるというのが常識になってしまっているため、そう言わない人は「遊び人」だというレッテルを貼られがちです(し、実際にそういう遊び人がたくさんいます)。そういった社会学的な背景もあるがゆえに、日本人女性たちはますます不安になってしまうわけです。

「私たちって付き合ってるの!?」と確かめるのはNG?

結論から言えばNGではありません(※個人的見解では)。ただ、その言い方と言うタイミングは少し工夫が必要かもしれないですね。

というのも、彼らの文化として、「付き合おう」「はい、そうしましょう」というやりとりがあってはじめて、ABCと進めていくという概念が一般的にはないわけですから、まだ日本の文化をそのままスライドして「まず最初に"付き合おう"って言ってくれないとヤダ」と駄々をこねてもあまりうまくいかないでしょう。

あとは、そのフレーズを言ったからといって、彼らに何か心理的コミットが生まれるかと言えば、それも期待できないと思います。そもそもそういうことを言って育ってきていないので、「言えって言われたから言ったけど....」みたいな感じになってしまうのがオチです。

なので、わりとナチュラルに確認するタイミングとしては、週末は基本的にお互いの家を行き来したりして一緒に過ごすことがルーチンになったというあたりで、「私たちってオフィシャルに付き合ってるよね?」と確認してみるのはアリだと思います。

この場合、事実上そういう状態になってから訊いているわけですから、基本的には "Yes" な回答が返ってくるはずですが、もしそうでなかった場合は、、、残念ながらその人との関係は考え直した方がいいかもしれません(笑)それは文化の違いとかではなく、ただのプレイボーイをつかんでしまったということです。

いずれにしても、まず最初に「付き合おっか」と約束する文化というのは、アメリカではまったく一般的ではないということと、あとは、調べたことはありませんが、意外と他の国でもそうなのかもしれないという気はしています。ヨーロッパ諸国はきっとそうで(付き合うことがもっとラフな印象もあります)、でもアジア圏はわりと近しい観念を持っているかもしれないとも思いますね。

ただ、これ以上そのことを話していくといつまで経っても「付き合う」のフレーズの話ができなくなるのでこの辺にしておきます(笑)

「付き合う」の言い方パターン

さて、ようやく本題に入りましょう!

日本で言ういわゆる「付き合う」という意味でよく使われる表現は下記のようなものがあります。

(1) "going out with 人" 

(2) "dating 人" 

(3) "seeing 人" 

(4) "with 人"  

もちろんこれだけではありませんが、実際に耳にしたことがあるという経験をふまえて言えば、大抵この4つのどれかを使っていることが多いと思います。それぞれ例文を見ていきましょう。

"Do you know if she's going out with someone now? If not, I'll ask her out."
「彼女が今誰かと付き合ってるのか知ってる?付き合ってないのなら、デートに誘ってみるよ」

"From what I've heard, she has been going out with the guy she met through Fred at the party a while ago." 
「おれが聞いたところによると、彼女はしばらく前のパーティーでフレッドを通して出会った男と付き合ってるらしいよ」

と、こんな感で言ったりします。

「あれ?いつも進行形で言うものなの?」と思った方もいると思いますが、そもそも「付き合っている」というのが現在進行形の状態ではあるので、「今」誰かと付き合っているのかどうかという話をする場合は進行形で表現することが一般的だと思います。

ただ、過去に付き合ってた、というケースの場合はこんなふうに言ったりもします。

"I actually dated him for a while. I wasn't really into him, though." 
「実は彼とはちょっと付き合っての。でもそんなに好きにならなかったんだけどね」

こう言われる男性側としてはショックなセリフですね(笑)

もう少し例を見ていきましょう。

"I just heard that David is dating Jennifer now. Man, I went to the movies with her a few weeks go and thought I had a shot..." 
「つい今デビッドがジェニファーと付き合ってるって聞いたよ。マジかあ、、、彼女の数週間前に映画デートに行ってさ、可能性あると思ってたのになあ、、、」

"Dude, she seems to have been seeing David for a while now, though." 
「でもさ、彼女はデビッドともう結構付き合ってる感じがするよ?」

"Well, I thought you are also seeing someone right now" 
「おれはお前も今誰かと付き合ってると思ってたけどね」

ちなみに、上記の "Dude" という言葉は、ちょっとサーファーチックな言葉というか、若い人がよく使うスラングなんですが、相手の名前を呼ぶ代わりの「かけ声」として使われる単語ですね。例えば、"Bob, don't worry about it." と言う代わりに、"Dude, don't worry about it."と言ったりするわけです。職場やビジネスの場で耳にすることはほとんどないと思いますが(仲の良い友達同士は職場でもこう呼び合うことはあります)、知っておくと良いと思います。

"I've been with Melissa for 3 years" 
「メリッサと付き合って3年になる」

"How long have you been with Mike?"
「マイクと付き合ってどれくらいになる?」

いかがでしょうか。とてもいろんな言い方があるわけですが、このどれを使ってもネイティブにはちゃんと通じるはずです。

ちなみに、「今誰かと付き合ってる?」と聞きたい場合は、一番シンプルに言うには、

"Are you dating anyone now?" 

が良いと思います。

そして最後に、今回のメインテーマでもある「私たちって付き合ってるの?」ですが、こんな感じでどうでしょうか。

"I think we are, but are we officially dating?" 
「私はそう思ってるんだけど、私たちってオフィシャルに(自他共に認める)付き合ってるよね?」

こういうふうにダイレクトに訊けば基本逃げ道はないので、これで "Yes" の返事がなければ、それは完全に遊ばれていると思った方が良いです(苦笑)ちなみに、この "officially" ですが、わりとよく使うので覚えておきましょう。翻訳文にも書いてあるとおり、「私だけ付き合ってると思っている」のではなく、「対外的にもそういう体になっている」という意味を "official" という単語で表現します。これもぜひ覚えておいてくださいね。

というわけで、今回のエントリーをもって、このブログの読者のみなさんは恋愛における一連のライフサイクルはカバーできたことになりますね(笑)

 

「xxx に近道はない」って英語で言うには?概念と路上、2つの意味での「近道」

f:id:yuichironagai:20170514020324j:plain

これはよく耳にする言葉かもしれませんが、今回はカタカナでもわりとよく使ったりする「ショートカット」の使い方に関して解説します。

まず、今回ご紹介するのは、キーボードの「ショートカット・キー」のことではなく(笑)、あくまでも「近道」という意味でのショートカットですが、まずは例文を見てみましょう。

"There are no shortcuts for building trust at work. Do good work and support your teammates. People will recognize it."
「職場で信頼を得るには近道はないよ。良い仕事して周りの同僚をサポートしてあげること。それをちゃんと人は見ててくれるから」

"We are running late to the meeting. Let's take a shortcut from there."
「ミーティングに遅れるよ。そこから近道を行こう」

上記の例文では、2種類の "shortcut" を紹介していますが、最初のは概念的な「近道」で、2つ目のは路上の物理的な「近道」のことですね。日本語も同じように使い分けますが、英語でもこのように使い分けるので覚えておいてください。

何かズルをしようとしたり、「楽してダイエットはできないよ」というようなことを言ったりするときにも "no shortcuts" は使えます。様々な場面で使える言葉なので、ぜひ使って見てくださいね。

 

「〜しないでおこう」という提案:"Let's not..." の使い方

f:id:yuichironagai:20170502222218j:plain

日本人の英語の典型といえば "Let's 〜" の乱用ですが、なんでもかんでも "Let's" と言いたくなってしまうわけです。そのわりに、今回紹介する「〜しないでおこう」という反対の意味での "Let's" を見かけることはほとんどありませんが、実際の英会話ではわりと頻繁に使われるので、ぜひ覚えておきましょう。

"Let's not go into the details now."
(その詳細を話すのは今はやめておこう)

"Let's not invite him for the meeting."
(彼をそのミーティングに呼ぶのはやめておこう)

"Let's not dwell on what's already happened."
(もう起こってしまったことをくよくよ考えるのはやめよう) 

こんな感じで使ったりするわけですが、もしかしたら「あれ?これって"Don't〜"とどう違うの?」と思ったかもいるかもしれませんが、明確な違いは、"Don't〜" は自分を「含まない」誰かに対して「〜やめなさい」という強い口調でいう場合です。

それに対して、"Let's" というのは "Let us" の略なので、自分自身を含みます。ですから、"Let's not + 動詞" というのは、自分自身を含む複数人に対して「〜するのをやめておこうよ」という提案をする場合に使う表現なわけです。

ぜひ覚えて使ってみましょう!

 

 

「あくまでも参考までに言わせてもらうと...」って英語で言うには?

f:id:yuichironagai:20170429224533j:plain

なかなか日本人的な謙遜した表現ですよね。まあ、これを連発し過ぎるとまるで単に自分の言うことに自信がない人みたいになってしまうかもしれませんが(笑)、おせっかいにならない程度に(控えめに)意見を述べる時には適した表現ですね。

"For what it's worth, he actually runs his own business he's never told you about."
(こんなこと言ってもしょうがないけど、彼は君には話したことがない事業をやってるよ) 

この"for what it's worth" というのが今回紹介したいイディオムでして、「あくまでも参考までに言うけど」「こんなこと言ってもしょうがないけど(どれだけ価値があるかわからないけど)」という言うときの決まり文句として使われる表現です。

ちなみに、これに似た表現で、"if it's any consolation...." というのがありますが、"consolation" というのは「なぐさめ」のことです。つまり、「(こんなこと言っても)慰めになるかどうかわからないけど」という意味合いで使います。

"If it's any consolation, what you did saved my life and I'm so grateful for it." 
「こんなこと言ってどうなることでもないかもしれないけど(慰めになるかわからないけど)、君がやったことは僕の人生を救ったし、そのことは本当にありがたいと思ってる」

うーん、いいセリフですよね。ぜひこういう言い方も覚えて使っていきたいですね!

 

「そう簡単に許さないわよ」って英語で言われたら?謝っても許してもらえない?

f:id:yuichironagai:20170429221109j:plain

これはリアルライフではなかなか言われたくないセリフですが(笑)、ドラマや映画など、恋愛が絡むものにはよく出てくるセリフですよね。

例えばこんな表現があります。

"I'm not gonna (going to) let you off the hook until he tells me the truth." 
(彼が私に本当のことを言うまでは簡単に許したりなんかしないわよ)

ここでのポイントは "off the hook" なわけですが、「窮地を脱する、困難を免れる、責任を逃れる」というような意味なわけですが、この "hook" は日本語でよく言う、ものを引っ掛けたりするための「フック」のことですね。コートや帽子などの衣類が壁についたフックに吊るされている状況を想像してください。誰かが持ち上げてくれない限り、服はこのフックから逃れられないですよね(または、服を着たまま首の後ろ側がフックに引っかかった状態で、人が足をバタバタしている状態をイメージしてもらうのがいいかもしれないですね)。

ふと思い出してハッとしましたが、「フック船長」もこのフックってことですね(笑)まあ、彼のフックは言うまでもなく手についたフックのことですが。

つまり、"off the hook"というのは、「フックからはずれる」ということで、ピンチを抜け出すみたいな意味で使われているわけですが、上記の例文は「フックは簡単にはずさないわよ」と言ってるわけですね。

ちなみに、この "hook" の発音は結構日本人には難しいので、ぜひリンク先のweblio で何度も聴きながら練習してみてください。"H"と"F"の発音の違いに関しては、以前のエントリーでもご紹介したので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

sayreally.hatenablog.com

 

ところで、上述のセリフの次にこんなセリフが続いてたらもっと怖いですね。

"Apologizing to me isn't gonna (going to) change what happened." 
(私に謝ったって(今回起こったことは)何も変わらないわ)

うーん、ではどうすればいいのでしょうか(笑)やはりそれでもまずは真摯に謝り続けるしかないのかもしれませんね..... 

 

「もうやってしまってことはしょうがない」そんな時英語ではなんて言う?

f:id:yuichironagai:20170423222638j:plain

まあ、あまり喜ばしいシチュエーションで使うセリフではありませんが(笑)、こういうニュアンスのことを言う状況というのもそれなりにあったりしますよね(もちろんないに越したことはないですが)。

そんな時便利な言い方をご紹介します。

"What is (What's) done is done."  

これ、ホントそのまんまなんですが(笑)、わりとよく言います。「すでにやってしまったことはもう過去のことだから、そのことをくよくよ後悔してもしょうがない」という意味で言われますが、その後によく続くのは、「じゃあどうやってそれに対応しようか」という話です。例えば、

"What's done is done, so let's stop pointing fingers at each other right now and start discussing how we could deal with the damege." 
(やってしまったことはしょうがない。誰が悪いとか言い合ったりするのは今すぐやめて、今回の損害にどう対処できるかを話し始めよう)

とかこんなふうにも使えますね。

もちろん、すべてこういう前向きなセリフの前にだけ使われるというわけではなく、単純に諦めているような状況でも言われたりします。

この "What" を使って主部をつくる構文はいろいろと応用の幅も広く便利なのでぜひ覚えて使ってみてくださいね。

 

「今から言うことをちゃんと聞いて」と英語で言うには?

f:id:yuichironagai:20170423191620j:plain

このセリフは言うことも言われることもあると思いますが、何か大切なこと、ちゃんと聞いて欲しいことを言う際にこんなふうによく言います。

"I'm gonna (going to の口語)tell you something." 
あとは、"Let me tell you something." と言うこともよくありますが。

そして、その後に実際に話し始めるわけですが、こういう表現を覚えておくと便利です。何か他のことをやっているとき、またはまったく違う話題で話をしている際などに、「ちょっと注目してくれ、これから大切なことを言うから」という前触れのセリフになります。

例えば、上の写真のおじいさんが こんなふうに言うかもしれません。

"I'm gonna tell you something -- Something that I wish someone had told me at your age." 
(いいか、よく聞いてくれ。今から言うことは、おれがおまえくらいの歳の時に誰かに言って欲しかったことだ)

こんなふうに言われたら、思わず背筋をしゃんと正して聞く準備をしてしまいますよね。

単語的には非常に単純なので、ぜひ覚えて使ってみてください!